読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共働き親の放置系中学受験

2020年中学受験予定の次男で、共働きでも中学受験は出来るのか長男に続き2回目の実験中です。大学合格者高校別ランキングも作ります

学校と塾の学力格差

長男の学校で同じクラスの友人が何人か家に遊びに来ていて、少し話したところ驚愕の事実が発覚しました。

 

何と、彼は学校では「勉強ができる」とされているようなのです。

それも勉強が分からない子がわざわざ聞きに来て教えてもらうくらいの。

本当にびっくりしました。

 

塾では見事にザコでありナメクジな長男ですが、

公立小学校だとそんなものなんでしょうか。

金かけて塾に行かさなくても、公立小で全ての子が受験に対応できるまで鍛えてくれると格差是正のためにも本当はいいのですが...

でも、これがサピにでもいけば今度は深海魚なんでしょう。

周りが違えば自分のポジションも変わるんですね。

 

集団の中での相対的な位置は、子供の成長にとって多分影響があると思います。

周りが出来る子ばかりだと、負けられないと思って頑張ったり、

その逆に、勉強以外に逃避したり、影響がどう出るかはその人次第なのでしょうが。

 

中学選びというのも、この準拠集団選びでもあります、

どういう集団の中で学ぶのが、彼にとっていいのかを考えないといけないと改めて思いました。

子育てはABテストができないので結局本当の正解は分からないのですが。

 

まあ、勉強ができるといっても正確には

「(オバカな割に)勉強ができる」

ということらしいのです。

それに、忘れ物が多いので通知表は大したことないのが残念。