共働き親の放置系中学受験

2020年中学受験予定の次男で、共働きでも中学受験は出来るのか長男に続き2回目の実験中です。大学合格者高校別ランキングも作ります

次男の中学受験終わりました!

中学受験が終わりましたね。皆様&お子様大変お疲れさまでした!

 

私は入学金も払ってきましたし、これで次男の中学校も確定です。

もう塾代がいらないと思うと開放感がありますね。でも4月からは今度は学費がかかるんですが。長男と二人分は重い。

 

今回次男は、少し珍しい部活があるそんなに難関でもない学校を志望していたので、わが家は結局3年前の前回長男の時以上のゆる受験になってしまいました。

結局年末年始帰省してしまいましたし。

親としては2回目でしたし、3年前の初回ほどの緊張感もなく戸惑いもなく驚きもなく予定通りに終わった感じです。

強いて驚いたことを言えば偏差値表で渋渋と中大横浜、法政第2が3年前より全然難しくなっていたことでしょうか。

 

親として頑張ったことは、「風邪をひかさない」ことですかね。マスク、手洗い、栄養、睡眠などなどは気を付けましたが、長男と三男は手洗いもマスクもガバガバなので、健康で受験できたのはただのラッキーなのかもしれません。

風邪もらってこないように1月は2週間ほど休みましたが、休むとその後ものすごく学校が楽しいみたいで学校の話を色々してくれます。

 

子供は喜んではいますが、必死で勉強して達成したという感じでもないので、「努力→成功体験」とか「挫折→乗り越える」のような教育的な経験を積ませた感じが薄く不完全燃焼というかそもそも燃えて無くない?とも思えます。

それでも、受験しないよりは全然たくさん勉強しましたし、クラスの上がり下がり位いの成功体験や挫折はあったでしょうから、彼にとって一定の価値がある経験だったとは思いたいです。価値ある経験はこれから沢山積んでくれればいいですし。

明らかに精神的にもたくましくなった感じはするのですが、受験のせいなのか、受験と関係なくただ年齢のせいなのかは正直よくわかりません。

 

周りの話を聞いていると、やはり予定より上手くいった子や上手くいかなかった子もいてこれは前回と同じですが、なかなか結果出ないとかわいそうでもう全員合格でいいじゃんと思ってしまうのも前回同様です。

 

そして今週は繰り上げのピークじゃないですかね。

お待ちしている方は朗報が来るのをお祈りしています。

 

追記:受験慰労のために母親と次男で連休に北京に行く予定がありまして、飛行機もホテルも取っていたのですがやっぱりキャンセルしました。

飛行機もホテルもキャンセルできないはずの予約だったのですが、キャンセルさせてくれて助かりました。代わりに京都に行くことにしたようです。